1:朝一くんφ ★@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:11:11.53 ID:???
【10月9日 AFP】人間は肉体的な死を迎えた後も意識を持ち続けている可能性があるとした、重度の心不全に陥った入院患者2000人以上の調査に基づく異色の研究論文が、6日の欧州学術誌「Resuscitation(蘇生)」(電子版)に発表された。
英サウサンプトン大学(University of Southampton)などの研究チームが行った今回の研究の目的は、心臓や脳の活動が停止する臨床死から回復した人々が語る「臨死体験」などの現象を調査することだ。
研究では、心停止患者2060人のうち、蘇生した330人の中の101人に対して、後に2段階に及ぶ詳細な聞き取り調査を行った。データは英国、オーストリア、米国にある15か所の病院の心停止患者2000人以上に関するものが用いられた。
その結果、39%の患者が、心臓が再始動する前に意識があることを自覚していたが、その間に起きた出来事については明確な記憶がないと答えた。
サウサンプトン大で今回の研究を率いたサム・パーニア(Sam Parnia)氏は「脳の損傷や鎮静剤が記憶の想起に及ぼす影響が原因で、当初は精神活動があったが、回復後にその記憶を失った人はさらに多くいることを、この結果は示唆している」と指摘する。
恐怖、暴力などの感覚やデジャブ(既視感)を感じたり、親族、動物、植物などの映像が浮かんできたりしたと答えた患者は全体の46%に上った。
一方、体から分離する感覚といった一般的によく知られている臨死体験を報告した患者は9%にとどまった。
また2%の患者は、肉体的に「死んでいた」間に「見た」り「聞いた」りした出来事を明確に思い出せると答えた。
このように答えた患者のうちの1人は、研究者らが患者の臨死体験の継続時間を測るために3分間隔で鳴らしたブザー音を2回聞いていると話した。
「これは重要な意味を持つ。なぜなら、死に関連する体験についてはこれまで、心臓が停止する前か再始動に成功した後に発生する幻覚や錯覚であり、心臓が鼓動していない間に起きた『現実』の出来事に対応した体験ではないとみなされてきたからだ」とパーニア氏は説明する。同氏は現在、米ニューヨーク州立大学(The State University of New York)に所属している。
「この患者のケースでは、心拍がなかった3分間に、意識と自覚があったと思われる」
「脳の機能は通常、心臓停止後20〜30秒以内に停止し、心臓が再始動するまで再開しないとされている。このケースはそれに矛盾している。さらにこのケースでは、視覚的認識に関する詳細な記憶が、その場で確認された出来事と合致している」
 パーニア氏は、意識が臨床死の後も続くかどうかを調べるには、さらに研究を重ねる必要があると話している。(c)AFP
2014年10月09日 12:02 発信地:パリ/フランス 科学・技術


仏西部アンジェ(Angers)にある病院での心臓外科出術で、患者の容体を伝えるモニター(2013年10月24日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEAN-SEBASTIEN EVRARD




2:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:13:24.69 ID:g5r7gZGw
生き返った後、死後の話しをされても妄想としか思われないのがつらい


3:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:13:30.96 ID:ZtJmvwiR
蘇生可能な脳みそは意識の片鱗はある。
蘇生不可能な脳みそにそれはない。



9:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:17:44.80 ID:lcP0kZ7p
ようは心臓が止まったか、再始動したか、ではなく、
脳が生きてるか死んでるか、ということだろ。
心臓停止直後でもまだ脳は生きてるから、音を聴いた記憶が残ってるんだろう。
でもそれは蘇生して意識を取り戻してから、その記憶を認識できるんだろうな。



11:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:19:28.36 ID:HisKHZQ9
は?なにいってんの?は?


13:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:22:50.42 ID:7dblLp/z
「意識は特別な何か」と思いたいが、確かに寝ている時は意識を失っているんだよな。
特に手術前に麻酔を打たれたら完全に意識をなくして、手術中に死んだらそのまんまなんだから恐ろしい。



14:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:24:31.27 ID:7OK9CNH0
液体窒素で凍結保存されている受精卵の意識はどうなのか
おそらく人が眠っているのと同様と思う



16:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:27:29.03 ID:WxCXqGkb
>>1
火葬はやめましょう。 火葬場で、何時間もの、すごい苦しみの中で死んでいっている可能性がある。



17:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:28:37.98 ID:woluH08C
アンパンマンの飛ばされた古いほうの頭には意識がある これマメな


25:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:38:11.29 ID:qz/ghe3G
チベットの死者の書でも読んでみればいいのに・・・


37:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 22:01:52.43 ID:cWhBpu9f
>>25
どういう訳だか開祖のブッダ自身は死後の世界も霊魂の存在に関しても語っていなかったんだよな



40:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 22:09:03.99 ID:uPWYeGEx
>>37
それは簡単な話だよ。
お釈迦さんのように悟った人は個人としての意識がなくなるので、
幽体そのものを持たない為に、ニルバーナとして「空」の中に消え
てしまうからだよ。
悟っていない凡夫は、自分と言う個人が存在していると思っている
ので、その自分意識が輪廻転生を繰り返すのだよ。これは、「唯識学」
でも説明されている正統仏教学の説明なのだよ。



27:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:40:28.88 ID:cfgyvkB8
臨床死の定義が変わるかもしれないってだけのことじゃないの?


29:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:46:22.19 ID:XXaDTSAe
なに が それら を 受信しているのかに思考と研究が至れば答えはすぐそこなんだがなー


30:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:47:19.51 ID:FCn6wZnd
なんか、「君と僕のアシアト」みたいな話しだな・・・


34:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:51:26.86 ID:gRugrfUO
と言っても時間的な問題で意外とよく持つもんだって話だろ?
別に身体から離れた意識体が、とかじゃなく



36:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 21:58:23.39 ID:uPWYeGEx
霊感の鋭い人は、死後数日間は亡くなった家族と精妙な会話ができるらしい。
昔から仏教では「四十九日」と言われているが、死後一ヶ月ぐらいは故人も
家族の周りにいるようだ。その後、先祖のお迎えが来て霊界に連れて行かれる
と言われている。だから霊感の強い人でも、死後おおよそ五十日以降は故人と
会話をすることができなくなるらしい。



38:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 22:05:22.52 ID:rh1c80Ih
>>36
>死後一ヶ月ぐらいは故人も家族の周りにいるようだ。
俺のオナヌーとか見られてんのかよ、やだなあ



44:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 22:22:53.58 ID:qzuixJUM
意識があった、というのは覚醒する前後で朦朧とした中で夢を見た様なもので
後付けで言われても見れば意識があった様な気がする、というレベルじゃないの?



49:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 22:36:17.10 ID:YEiAiVWF
視覚や聴覚については処理されていない情報が後からわーっと入ってくるような感じだった


51:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 22:42:06.94 ID:54bL3mgC
電源を切った後もPCは動いているかどうかを研究するようなものではないのか?


54:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 23:10:47.62 ID:3vLRQ2vg
血流が止まるから通常のようには機能しないってだけで
脳細胞が働いていれば意識はうっすらあるだろうな



55:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 23:12:38.19 ID:mTYH5/x8
打ち首にしやがって絶対呪ってやる!
なら首飛ばされた後に石に齧りついてみろ
スパーン!ゴロゴロ〜ガブー!ニヤリ
って話あったね



56:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 23:18:12.65 ID:xf/txFpc
意識というのはおまいらの言うところの4次元空間にあるんだよ。
脳は、これらの意識から影響を受けるだけのただのダイオードやコンデンサといったレベルの単純素子で脳の神経網
に記憶があるわけじゃない。ぶっちゃけCPUと同様にCPUそのものはPC上の個人情報を持たないのと同じ。記憶デバイスは別にある。
ちなみに脳が壊れるとこれら4次元空間上の意識情報を正しく読み書きできなく情報の処理もできなくなる。
そのため意識や知識レベルでの機能不全に陥ったり人格まで変わったようにみえる。
実際は3次元空間上の肉体(脳)がバグって暴走しているだけ。4次元空間上の意識そのものは無傷ですから。
だから、物理的には転生もあるしテレパシーや過去や未来の人との意思疎通も可能なのですよ。当然予知も可能



62:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/10(金) 00:40:26.07 ID:eIHqLtgm
>>56
>四次元空間
xyzに時間を含んだ時空間の次元なら、普段いつも俺が居る所だが何か?



57:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/09(木) 23:19:25.64 ID:fuhSzkAg
心臓が止まって6分間は意識があるかもしれないという事か?
心臓が正常に動いていても、飲みすぎて頻繁に記憶が飛んでいるオレには関係ないかもしれないが。



60:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/10(金) 00:11:42.38 ID:sfSCwZx6
脳の機能は通常、心臓が止まってから20秒ほどで止まるとされている、
ってとこが違ってるかもよ、って話ではないのか?



61:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/10(金) 00:29:22.76 ID:gKxTI06f
機能停止は知らんけど、脳外科手術とかで機能復帰するには6分くらいが限界?ってのは(たぶん)昔から言われてること。


86:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/10(金) 06:52:55.95 ID:ums3aFrt
今までは脳波等がないと意識はないとされていたが、
この実験では、脳があからさまに活動していなくても意識があるということか



96:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/10(金) 17:08:47.61 ID:83ZHj2Q6
怪力乱神を語らず。
死後のことは死んだ後に考えようぜ



104:名無しのひみつ@転載は禁止 2014/10/10(金) 18:39:42.90 ID:Y1VOf22k
立花隆の臨死体験は面白かった
でもあれは臨死体験…生還した人の話であって本当に死んだ人の話ではないからなあ